<   2009年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

白い煙と黒い煙



 ”白い煙と黒い煙”について調べたことを、少しお話しましょう。

第一次世界大戦後(日本の戦争特需終了)の戦後恐慌期から世界大恐慌へと続く慢性不況から、
沖縄でも、米はおろか芋さえ口に出来ずに毒性のあるソテツを食し飢えをしのいだと言う 
” ソテツ地獄 ”を背景に、沖縄から 内地(特に大阪方面)に紡績関係女子行員等の出稼ぎや、
海外への移民が頻繁になった。 
調度その時期に沖縄に赴任した稲垣氏が実体験したことを文章化したものです。
稲垣氏が名護城の丘を散策中、 松の小枝を集め焚いて、
一条の白い煙を立ち昇らせながら名護湾の
遥か沖をじっと眺める老夫婦の後ろ姿に、
何事かと尋ねると、遙かに黒い煙を吐いて沖を走る汽船を
指しながら「あれに娘が乗っています大阪に行くのです」
那覇の桟橋で見送ってやりたいのですが、山坂の二十里はこの歳では無理です。
ですからこの煙で、私どもの居場所と無事を知らせているのです。

稲垣国三郎作 「白い煙と黒い煙」 の一節 (当時国語検定教科書に掲載され全国的知られる)

合図の煙 親子の別れ 汽船のデッキの上から
彼の乙女が涙で曇った目で、ふる里の山を慕い父母を恋いて
この白煙を見つめていることであろう。
白い煙と黒い煙 こうして若い乙女と老いたる親とが、山と海とで互いに切ない
思慕恩愛の情を交わしているのである。春の日は静かに夕靄の中にうすれて行く。
やがて汽船は本部半島にその影を隠した。
つきせぬ名残り一抹の黒煙にとどめて。
                                         大正7年3月31日作

私も、調べてゆくにつれ時代背景を知れば知るほど、
            この文章に心打たれ、書かずには居れない。



土地:分筆、合筆、地目変更、地積更正  建物:新築、滅失、種類変更、増築  各登記手続き
土地測量全般、境界問題等々  土地・建物に関することなら何でもお気軽に
ご相談下さい  info@inagaki-web.com
[PR]

by inagaki_sokuryou | 2009-03-19 13:02 | 先代のひとりごと  

沖縄でのこと

e0169964_10214898.jpg


平成21年1月19日 妻の実家がある沖縄に行った時の話です。             
義兄の突然の死 妻にとっても私にとっても悲痛な旅であったのですが 
悲しみのなかにも時が流れ義兄の納骨も済ませ、妻の弟夫婦と 一時悲しみから逃れるように 
沖縄本島北部の名護城(ナングスク)に三分咲き程の緋寒桜を見に立ち寄りました。
車で一気に名護城の丘にのぼり 
ソメイヨシノに比べ花弁が小さくピンク色が濃い桜に癒されながら ゆっくりと丘を下り 
中腹程に 眼下に眺望がひらけた場所を見つけ 名護市街や名護湾を眺めながら
ふと振り返り見上げると石碑が目にとまり
刻まれた文字の中に同じ姓である稲垣の文字だけが 
はっきりと読み取れました。                                    
沖縄で稲垣の文字とは、不思議な気持ちに追い立てられながら石段を登り、石碑を間近に読むと
それは稲垣国三郎作 ” 白い煙・黒い煙 ” の記念碑で有ったのです。
沖縄生まれの妻と、40数年前の学生時代に知り合い今日に至っていることを思う時
もっとそれ以前の 大正6年に沖縄県師範学校教諭兼附属小学校主事として稲垣国三郎氏が
沖縄に 赴任し、教育方法論だけでなく教え子や父兄との精神的な結びつきを心掛け
こよなく沖縄を愛し続けたと言われているのを知ったとき
自分も沖縄が好きで 沖縄の人たちの生活の場の片隅に 親戚と言われ座している
我が身を幸せ者と言わざるを得ない。
 
e0169964_10251318.jpg






 土地:分筆、合筆、地目変更、地積更正  建物:新築、滅失、種類変更、増築  各登記手続き
土地測量全般、境界問題等々  土地・建物に関することなら何でもお気軽に
ご相談下さい  info@inagaki-web.com
[PR]

by inagaki_sokuryou | 2009-03-06 15:01 | 先代のひとりごと