沖縄の寅さんの初恋

沖縄の寅さんこと彦さんにも、初恋はあった・・・・・・
同じ小学校の同級生で、おかっぱ頭の小柄の可愛い女の子だったと聞く・・・・・
その子は走りも早く、歌も上手で結構男の子に人気があったようだ。
私にも経験があるが、好きな子にはやさしく出来ずに、むしろいじめてしまうものだ。
彦さんも同様、その子を学校帰りに待ち伏せ突然飛び出しては、両手を広げて行く手を阻み、
篠竹を持ち脅かしながら悪態をついていたようだ。
そんなことが続き、中学生になっても、今で言うストーカーの様にその子に付きまとったため、
その子は恐怖心を感じるようになり、終にはその子の母親が知ることになって
おおごとになりかけたのである。
その母親から相談を受けたのが、村の青年団ではちょっと頼りになる兄貴分的な存在
であった妻の兄であり、その話を聞くやいなや、俺に任せろと言わんばかりに飛び出し
彦さんの家に向かったのである。
兄は、裕次郎刈りの頭で背も高く、胸毛びっしりの見るからに腕力がありそうな男であった。
妻は言う、裕次郎にそっくりだったのよ・・・・・・
私から言い直そう裕次郎みたいにかっこ良かったと・・・・

この後の話は、私の想像による部分が多分に含まれる・・・・・聞いて確かめたくも兄は
もうこの世にいない。
大声で・・・・ヒコいるか・・・・
出てきた彦さんの首根っこを引っ掴み家からひっぱり出し、
二、三発ぶん殴り、震え上がる彦さんを正座させ、説教したのであろう・・・・
当時、彦さん年齢14、5であったろうか・・・・・・
思春期真っ盛り、学業も儘ならなかった彼は、馬鹿にされたり、腕力のある者からは、
いじめもあったであろう・・・・どうにもならない苛立ちやさまざまの思いが、彼の心に
渦巻いていたでのはなかろうか・・・・・
ストーカーは然る事ながら、家庭内暴力や悪事に迄手を染めかけていたと聞く・・・・・
兄は言い方はぶっきらぼうで怖い感じはしたが、言った後の行為は暖かく
情がある兄貴と、私は何度も思った記憶がある。
沖縄でバー街に一緒に飲みに行き、ごう沈した兄とタクシーで帰り、私がタクシー代を払うと
兄に酔眼で睨まれ、何で払うか・・・と怒られた。俺が飲みに連れて行ったのだ、すべての払いは
俺がする、余分なことはするなと言わんばかりであった。
そんな親分肌の兄貴でもあった。
そんな兄は、脅える彦さんを懇々と諭し、困ったことがあれば俺に言え、今後お前のめんどうは
俺がみるとでも言ったのでは・・・・・と私は信じている。
父親からいずれ引き継ぐ農地を、兄は有効に利用しパインやサトウキビを栽培、又、街路樹や
庭木を苗から育成した。海洋博が後に控えていたからでもある。
働き者の兄は、一千万近いダンプを購入しサトウキビ畑から製糖工場への運搬も請負った。
兄はそんな農作業やサトウキビの搬送を、中学を卒業した彦さんに手伝わせたのである。
汗を流して金を得る事を教えたのである。
極端な言い方になるが、彦さんは兄を慕い頼りにしながら、真っ当な人間になって行ったのである。
兄が、そこまで彦さんの面倒をみたのは、ほかにも理由があった・・・・
村役場勤務の美人で気立ての良い妹がいたからである。
彦さんの家に出入りするうちに、彦さんの妹と兄は、ごく自然にお互い好意を持ち合い、
当然の様に恋に落ちたのである。
妻の実家は土地持ちで、村では裕福な家庭と位置付けられていたようで、彦さんの家でも反対は
無く、周囲から祝福されて、二人は盛大な結婚式を挙げたのである。
兄は、義弟になった彦さんの助けのもと、益々仕事に精を出し、財産を増やしながら、
人助けも多いにした様である。
そんな兄を襲った突然の死、告別式には千人以上の人々が別れを惜しんだ。
私と彦さんは、この様な次第で最も近い親戚になったのである。
兄は、あの世で彦さんのことを、今も気にかけているに違いない・・・・・
大型のユンボを買い、彦さんと始めた所有地の崖の補修工事も中断のまま・・・・・
彦さんの現金収入にと始めたと思われる、イノブタ飼育、兄が亡くなってから生まれた子豚
8頭、総数30頭近く彦さん一人で面倒見ている・・・その中に本物のイノシシ2頭・・・・
どうする兄貴・・・・・
私が老体に鞭打って手伝いにとも思うが、当方の仕事もまだ現役・・・・・・
若い跡取りが、彦さんと頑張るであろうことを願うしかない。
私が沖縄を訪れ彦さんとの再会を喜び合うのを見ている時の、兄の優しい目が思い出されてならない。

次回へ















土地:分筆、合筆、地目変更、地積更正  建物:新築、滅失、種類変更、増築  各登記手続き
土地測量全般、境界問題等々  土地・建物に関することなら何でもお気軽に
ご相談下さい  info@inagaki-web.com
当社ホームページはこちら!  
[PR]

by inagaki_sokuryou | 2009-06-18 18:17  

 愛すべき彦さん >>